2020年の新年度からiPadを使いたい!

これまでiPadを使っていた人も、これから使い始めようとしている人も悩ましいのが、「どのiPadを選べばいいのか」だろう。

画面サイズこそきっちり五種類に分かれているが、無印iPadよりも小さいiPad miniの方が高額なこと、Apple Pencilや純正キーボードの対応がそれぞれ違う事など、頭を混乱させる要素が多い状況にるのが、現状のiPadだ。

それでもスペックや使用感を整理してみると、しっかりとした5つのキャラクターが現れてくる。

「動画サイトの閲覧や簡単なメモ書きさえ出来ればいい」のか、「動画編集にもガンガン使いたい」のかなど、どういう用途でiPadを使うかさえ見えていれば、最適な一台を選択することができるだろう。

iPadを買う前に知っておきたい事

ホームボタンを継続した3モデル

ホームボタンのあるiPadでは、ロック解除方法としてTouch ID(指紋認証)を選ぶことができる。
充電などの外部端子はLightningケーブル専用で、iPhoneと同じものを使う事が出来る。

2015年に発売された初代iPad Proと同時に発売されたのがApple Pencilだ。
ボールペンを持ち慣れていると長すぎて細すぎると感じてしまうが、グリップを付けると持ちやすくなる。

Apple Pencilの充電はLightning端子でおこなう。

iPad 第8世代 2020年発売

iPad Airより画面が小さいのに重たいが、最安。

何と言っても、一番の魅力はコストパフォーマンスだ。
iPad Pro11インチモデルの半額ほどになる。

Webサイトの閲覧や動画鑑賞、Apple Pencilと合わせて電子ノートとしての活用などであればまったく問題が無い性能を誇る。

第8世代iPadをもっと知りたい

iPad Air 第三世代 2019年発売

iPad Airは純正キーボード対応だ。

無印iPadよりも優位性が高い点は、純正キーボードが使えることと、ディスプレイの性能が高いことなど。

Apple Pencilの入力精度も向上しているので、手軽なノートPC的な用途ならこのモデルだ。

第3世代iPad Airをもっと知りたい

iPad mini 第五世代 2019年発売

ほぼAirの小型版で、iPadの中では最小・最軽量だ。

ディスプレイの性能、処理能力、前面カメラの有効画素数などが、無印iPadより高スペックな構成で、性能も携帯性もストレスフリーなモデルになる。

システム手帳のように手に持って使うシーンを考えると有力なチョイスになるだろう。

第5世代iPad miniをもっと知りたい

ホームボタンを廃止したプロモデル

Proモデルからはホームボタンがなくなり、Face IDという顔認証によるロック解除方式が採用されている。

外部端子は、最新のMacBookやAndroidスマホでも使われている、USB-Cケーブルを使用。
そのため、急速充電規格のPower Deliveryに対応し、大容量化が進む本体内蔵バッテリーを素早く充電出来るようになっている。

長さが1cm短くなって、持ちやすさが改善された第二世代Apple Pencil。

iPad Pro本体に磁力で装着して充電が行えるようになり、充電時の不格好さやApple Pencilの収納場所に関する問題も解決された。
更に、描画と消しゴムを切り替える機能も搭載している。

iPad Pro 11インチ 2018年発売

Proモデルでも、400g台と持ち運びしやすい。

最新の第二世代のApple Pencilで使ってみると、なめらかさや繊細な表現などの書き味の差が一目瞭然。

下位モデルと比べると、処理能力もディスプレイの性能も突出している。
スピーカーが四基になっているのも○。

iPad Proをもっと知りたい

iPad Pro 12.9インチ 2018年発売

最も安いプランでも約12万円と高級だが、仕事や創作作業が捗る大画面モデル。

イラスト制作や画像編集などのマシンに負荷がかかる作業も難なくこなせる。
広々とした画面で作業ができるので、ノートPCライクに活用出来る。

iPad Proをもっと知りたい

error:
タイトルとURLをコピーしました