iPadを買う前に知っておきたい事

人気タブレットのiPadを使えば、仕事、プライベートを問わずに日常が更に便利になる。

そんな便利なiPadを購入する前に、知っておいた方が良いポイントがあるので、購入の際の参考にしてもらえれば幸いだ。

Wi-Fi+セルラーモデルかWi-Fiモデルか

iPad購入の際に悩むのが、SIMを使えないWi-Fi版にするのか、SIMが使えるWi-Fi+セルラーモデルにするのか、という部分だ。

現状で販売されているiPadは、Wi-FiモデルかWi-Fi+セルラーモデルかを選ぶことができる。

ただし、SIMが使えるWi-Fi+セルラーモデルは、Wi-Fiと比べて1~2万円ほど高くなる。

Wi-Fi+セルラーモデル

屋外に持ち出すことが多いなら、やっぱりWi-Fi+セルラー版がオススメだ。

利用環境に左右されることが少ないので、ファイル転送中に接続が切れにくく、ストレスからも解放されだろう。

そして、GPSが搭載されているのは、Wi-Fi+セルラーモデルのみなので、GPSを利用するのであれば、Wi-Fi+セルラーモデル一択になるだろう。

  • 出張や旅行などで海外利用することが多い
  • カーナビ代わりに車で使いたい
  • スマホがテザリングできない契約になっている
  • 通勤など移動中の利用が多い

Wi-Fiモデル

基本的にWi-Fi環境のある自宅や職場で使用するだけなら、Wi-Fi版で十分だろう。

屋外に持ち出す場合は、公衆無線LAN環境が整っているか、テザリングやモバイルルーターの利用が必要になる。

  • 基本的に家や職場で使用し、持ち歩かない
  • 外出先でも公衆無線LANが利用できる
  • スマホで契約している通信データ容量が大きく、テザリングができる
  • モバイルルーターを利用している

iPadのストレージ容量

iPadは、USB Type-Cを搭載しているモデル以外は、SDカードなどを使ってストレージ容量を増やすことができないので、最初の容量選びが使い方を大きく左右する。

最小容量の32GBは、OSと基本アプリのサイズを考えると、使用シーンが限られてくる。

ネット閲覧やストリーミング以外にも使いたいなら、64GBを最低ラインと考えた方が良い。

無印iPadの場合、32GBと迷うなら約1万円高くなるが、128GBをオススメする。

iPadを使い込んでいるユーザーが使用しているのは、128~256GBが圧倒的に人気だ。

512GBや1TBといった大容量モデルは、iPadをメインマシンとして、動画や写真、音楽の編集など、より本格的な用途で使いこなしたい人向けだろう。

アプリや色々なデータのサイズも確認

オフラインで動画や電子書籍をたくさん楽しみたい人は、各コンテンツのデータのサイズもチェックしておこう。

また、動画編集やゲームアプリの中には、ダウンロードサイズが2GB近く必要なものもあるので、目的に合った容量を選ばなければならない。

今後のiPadOSアップデートのことを考えるなら、ストレージ容量の多いiPadを選んでおくべきだろう。

iPadを何処で買うのか?

SIMを挿せるセルラー版はキャリアショップでも購入できるが、SIMロックの解除に手数料が必要になる。

しかし、Apple Storeで販売されているiPadは、最初からSIMフリーになっている。

近くにApple Storeがなくても、Appleのオンラインストアを使えば問題ない。

また、「送料無料」なのも嬉しいポイントだ。

取り扱いが緩和され、2019年8月23日からビックカメラの一部店舗やイオンリテール運営のNEWCOMでも購入できるようになっている。

これを皮切りに、今後取り扱う量販店が増える可能性があり、選択の幅が広がるだろう。

Wi-Fiモデルなら購入できる所が多い

自宅での使用や常にWi-Fiを利用する事が前提なら、Wi-Fiモデルがオススメだ。

Wi-Fiモデルは、ECサイトや量販店で購入できるので、ショップ独自の値引きやポイント還元が期待できる。

Apple製品は値引率が少ないので、キャッシュレス決済を活用して、ポイント還元やキャッシュバックを使って購入するのがお得だろう。

保証は必要なのか?

Apple Care+非加入でAppleの修理を受けると高額になるが、AppleCare+なら一律4,400円で修理可能だ。

落下により画面割れをiPhoneで経験している人も多いと思うが、iPadでも落下による画面割れのリスクがある。

2年に1回以上画面割れを修理すると、Apple Care+に加入しておく方が良いだろう。

また、キャリアショップで購入すると、キャリア独自の保証サービスがある。

そういった保証サービスは紛失時にも保証してくれ、2年を超えてもサービスを受けられるのが魅力だろう。

Apple Care+はバッテリー交換のために加入しても良い!

バッテリー蓄電料が本来の80%未満に劣化した場合、Apple Care+に加入していると無償で交換可能なのだ。

本来なら、バッテリーの交換に1万800円(税抜)かかるが、これで元が取れるため、修理を利用しなくても掛け捨てにならない。

ストレージの容量不足になったら、どうする?

iCloudはiPadと相性が良く、Wi-Fiに繋ぐだけで端末のデータを丸ごとバックアップできる。

クラウドに保存したデータを本体から削除すれば空き容量を増やせるので、日常的に使用しないデータはiCloudに保存して、iPadのストレージ容量を確保しよう。

もちろん、PCともデータを共有することも可能なので、ネット環境があれば、何処からでもアクセスできる。

また、USB Type-Cを搭載しているモデルなら、外部ストレージを接続することも可能だ。

写真専用のクラウド

クラウドサービスを利用してiPadのストレージ容量を確保していると、次はクラウドサービスのストレージ容量も気にしなければならない。

多くの人のストレージ容量を圧迫しているのが、写真データだと思われる。

そんなストレージ容量を圧迫する写真の保存は、無料で容量無制限のサービスがオススメだ。

Amazon Prime会員の人は、「Amazon Photo」を利用しよう。

こちらは画質の劣化がなく、RAWデータも無圧縮で保存出来るようになる。

error:
タイトルとURLをコピーしました