Meryは高機能なテキストエディタだ。

テキスト編集するためのアプリと言えば、Windowsに標準搭載されているメモ帳が一番有名だ。

しかし、このメモ帳は、単純なテキスト入力と編集しかできないため、かなり物足りない。

そこで役立つのが、Meryだ。

Meryとは?

Meryは、テキストエディタだ。

Mery特徴

テキスト編集ができる、シンプルながらも高機能なのが、大きなポイントだろう。

プラグインやマクロで機能を拡張することができるため、用途に合わせてアプリをカスタマイズすることができる。

また、アプリをインストーラーでインストールせずに、アプリを実行させることができるため、ポータブル環境でも使えるのも良いところだ。

アウトライン機能

文書の見出しを階層表示することで、目的の段落に素早く移動することができる。

複数ファイルの表示

1つのファイルを1つのウィンドウで開くSDIで使用することもできるが、複数のファイルを1つのウィンドウでタブ切り替えできるTDI(タブ型)で使用することもできる。

SDIとTDIは、いつでも自由に切り替え可能なので、デスクトップの散乱を最小限に抑えることが可能だ。

縦書き対応

メニューからカンタンに、表示中の文章を縦書き表示すること可能だ。

また、縦書きの文章で2桁の数字や英字を横に並べて表示する、[縦中横] 機能も搭載されている。

プログラミング

ステートメントやプロパティを色分けできるだけではなく、入力補完機能も搭載している。

マクロ機能

操作を記録して、自動実行できるマクロ機能を搭載している。

マクロは、WSHエンジンを使用しているので、JScript (JavaScript)やVBScriptで記述可能だ。

Mery料金

Meryは、無料で使用できるアプリだ。

Meryダウンロード

Meryは、開発者のサイトからダウンロードできる。

テキストエディター「Mery」ベータ版 Ver 3.2.7 を公開、ダークモードに対応 (試験的)
黒を基調とした配色にすることで目の負担を軽減し、作業に集中しやすくなるといわれているダークモードに対応しました。

Meryまとめ

長年のWindowsユーザなら「mEditor」という、テキストエディタの名前を聞いたこともあるだろう。

このmEditorが2009年に改名され、バージョンアップされたのが、Meryだ。

シンプルながらも多くの機能を搭載しているだけではなく、プラグインで更に機能を拡張できるが、大きなポイントだ。

単純なテキスト編集のみならず、プログラミングの際にも役立つ。

高機能で軽快なテキストエディタを求めているなら、Meryを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました