Drawboard PDFならPDFファイルの赤入れが楽になる!

文書ファイルの受け渡しでは、PDFファイルを使うことが多い。

PDFファイルであれば、閲覧するデバイスの環境を問わずに同じ内容の文書を読めるため、非常に便利だ。

しかし、便利な反面、修正や編集ができないため、面倒に感じている人も多いだろう。

そこで役立つのが、Drawboard PDFだ。

Drawboard PDFとは?

Drawboard PDFは、PDF編集ができるアプリだ。

Drawboard PDF特徴

アナログのペンと紙のような感覚で、PDFファイルへ文字や記号などを書き込めるのが、大きなポイントだ。

手書きの蛍光ペン、テキスト選択での蛍光ペン、下線、取り消し線や手書きの線を書き入れられるだけではなく、図形や写真なども追加できる。

さらに、PDFページの挿入、回転、削除も可能だ。

もちろん、白紙のPDFドキュメントを作成することもできる。

Drawboard PDF Pro

アプリ内課金することで、Pro版へ機能拡張できる。

PDFドキュメントを結合したり、入れ替えすることができるようになるだけではなく、ドキュメントのスケール・サイズを調整することも可能だ。

また、様々なグリッドや罫線テンプレートを使って、ノートテイキングとスケッチを更に効率よくできるだろう。

Drawboard PDF価格

Drawboard PDFは、無料で使用できるアプリだ。

Drawboard PDFダウンロード

Drawboard PDFは、Microsoft Storeからダウンロードできる。

Drawboard PDF

Drawboard PDFまとめ

指やスタイラスを使って、PDFファイルに注釈を入れられるのが、大きなポイントだ。

直感的に操作できるインターフェイスなので、アナログの紙とペンを使っているように操作できるだろう。

PDFドキュメントを編集する機会が多いなら、Drawboard PDFを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました