uBarでMacにWindowsのタスクバーを追加!

iPhoneやiPadを使用しているなら、Macとの親和性がバツグンなので、WindowsからMacへ乗り換える人も多くなった。

しかし、Windowsの感覚が染みついてしまっていて、どうにもMacに馴染めず、操作に四苦八苦してしまう。

そこで役立つのが、uBarだ。

uBarとは?

uBarは、システムアプリだ。

uBar特徴

uBarは、Windowsの【タスクバー】に似た機能を再現できるのが、大きなポイントだ。

Windowsの【スタートメニュー】のようなuBarメニューから、アプリや主要フォルダ、システム環境設定の各パネルにアクセスできる。

さらに、スリープ/再起動/システム終了なども可能だ。

また、日付や時刻、ゴミ箱、バッテリーのステータスなどがバーの右側に表示され、マウスオーバーで月間カレンダーを表示したり、操作スペースを切り替えることもできる。

バー上に表示されるアプリのボタンから、切り替え/隠す/終了といった操作、バッジや点滅でステータスの把握、複数のウインドウを切り替えることも可能だ。

もちろん、表示位置(下、左、右、上)やサイズ、アプリの並び順、uBarメニューの表示内容のカスタマイズもできる。

uBar料金・価格

uBarは、30ドル買い切りアプリだ。

uBarダウンロード

uBarは、Brawer SoftwareのWebサイトからダウンロードできる。

The Dock replacement for the Mac – uBar
The Dock replacement for the Mac. Boost your productivity with the most advanced and versatile app and window manager for the Mac.

uBarまとめ

uBarは、Windowsの【タスクバー】に似た機能を追加できるのが、大きなポイントだ。

【スタートメニュー】のような機能も搭載しており、アプリの起動だけではなく、再起動やシステム終了もできる。

表示位置やサイズ、テーマなどもカスタマイズ可能だ。

MacでもWindowsのような見た目や操作感を求めるなら、uBarを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました