Duet Displayでスマホやタブレットをパソコンのサブディスプレイにする!

パソコンで作業を効率的に行うなら、ディスプレイを2台にして、画面を広く使用するのが良い。

しかし、ディスプレイを設置するスペースもなく、大きなコストもかかってしまうため、マルチディスプレイ環境の構築に躊躇してしまう。

そこで役立つのが、Duet Displayだ。

Duet Displayとは?

Duet Displayは、外部ディスプレイアプリだ。

Duet Display特徴

Duet Displayは、スマホやタブレットをパソコンのサブディスプレイにできるのが、大きなポイントだ。

スマホやタブレットをパソコンとケーブル接続するだけで、マルチディスプレイ環境を構築できる。

また、スマホやタブレット上の画面では、ズームを含むタッチ&ジェスチャーも可能だ。

もちろん、Apple Pencilなどのスタイラスを使用することもできる。

Duet Display注意点

Duet DisplayでスマホやタブレットをWindowsパソコン、またはMacのサブディスプレイとして接続するためには、パソコン側をホストとするアプリをインストールしなければならない。

パソコン版のアプリは、Duet Displayのオフィシャルサイトからダウンロードできる。

Duet Display
Ex-Apple engineers turn your iPad into a second display. With zero lag.

Duet Display料金・価格

Android版Duet Displayは1,080円、iPhone/iPad版Duet Displayは1,840円買い切りアプリだ。

なお、現在(2022年4月24日)は、期間限定で50%オフされている価格になる(期間は明記されていない)。

また、無線接続するためには、サブスクリプション契約が必要だ。

Duet Displayダウンロード

Android版Duet Displayは、Google Playからダウンロードできる。

Duet Display

iPhone/iPad版Duet Displayは、App Storeからダウンロード可能だ。

Duet Display

Duet Displayまとめ

Duet Displayは、スマホやタブレットを使用して、パソコンをマルチディスプレイ環境にできるのが、大きなポイントだ。

パソコン側にホストとなるアプリをインストールして、ケーブル接続するだけで、スマホやタブレットをサブディスプレイとして使用できる。

単純に画面を拡張できるだけではなく、スマホやタブレット上の画面で、タッチ操作ができるのも便利だ。

便利なマルチディスプレイ環境で作業効率を上げたいなら、Duet Displayを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました