WindowsキーボードとMacキーボードの違い

Windowsパソコンのキーボードに慣れていると、Macのキーボードには違和感を感じるだろう。

その理由は、見たことのない記号があったり、配列が微妙に違ったりするためだ。

  • そもそも違いは何か?
  • Windowsで慣れ親しんだキー操作は、どのキーでできるのか?

WindowsユーザがMacを使用するために、WindowsとMacのキーボードの違い、そして特に違和感を覚えがちな装飾キーなどについて知っておこう。

Macキーボードには存在しないキー

Macのキーボードは、Windowsと配列が似ているものの、見たことのない記号キーが並んでいたり、配列も微妙に違う

【control】キー【shift】キーなど見慣れたキーもあるが、Windowsのキーボードと役割に違いがあったりする

そして、Windowsキーボードに搭載されているキーでも、Macキーボードには搭載されていないキーも存在する。

なお、Macキーボードには、以下のキーが搭載されていない。

  • 【backspace】キー
  • 【全角/半角】キー
  • 【Alt】キー
  • 【Windows】キー
  • 【アプリケーション】キー

ファンクションキーの違い

キーボードの上段に位置する【ファンクション】キーは、パッと見で違いがないため、気にならないかもしれない。

ファンクションキー

しかし、かな文字変換で【F7】キーを押して、カタカナに変換しようとしても、カタカナ変換しない

これは、Macのデフォルトの設定で【ファンクション】キーには、画面の明るさや音量を調整する機能が割り当てられているためだ。

そのため、ただ単に【ファンクション】キーを押しても、Windowsのようにカタカナ変換しない。
【ファンクション】キーの動作をWindowsのようにするためには、【fn】キーと組み合わせる必要がある。

Macキーボードの【ファンクション】キーに割り当てられている機能は、キーにアイコンとして印字されているので、慣れれば機能も分かるようになるだろう。

しかし、Windowsで【ファンクション】キーを多用している人にとって、わざわざ【fn】キーと組み合わせるのが面倒に感じられる。

もちろん、【fn】キーと同時に【ファンクション】キーを押さなくても済むように、設定を変更することも可能なので安心してもらいたい。

【ファンクション】キーの設定を変更したいなら、「ファンクションキーのデフォルトの動作を変更する」を参考にしてもらいたい。

装飾キーの違い

Windowsのキーボード操作に慣れていても、使い方が分からないキーが「装飾キー」だ。

キーの名前もWindowsキーボードとは違うため、どのキーが、どういった使い方なのか知っておく必要がある。

【リターン】キー

Windowsキーボードでは【エンター】キーと呼ばれているキーが、Macでは「return」と刻印された【リターン】キーになる。

リターンキー

Windowsキーボードの【エンター】キー【リターン】キーで、テンキーの付属しているフルキーボードでは、テンキー側に【エンター】キーが搭載されている。

エンターキー

【リターン】キー【エンター】キーは、システム側で処理される文字コードが異なっているため、アプリによっては動作が異なる場合もあるので注意が必要だ。

【コマンド】キー

「command」と刻印されたキーが、【スペース】キーの並びにある。

コマンドキー

これが、【コマンド】キーだ。

【コマンド】キーは、Windowsキーボードの【Ctrl】キーと同じような使い方をする。

Windowsの操作で、【Ctrl】キーと他のキーを組み合わせてショートカットキーを使用している人も多いが、Macでは【コマンド】キーと他のキーを組み合わせることになる。

Macをキーボードで操作するためには、この【コマンド】キーがポイントとなるので、必ず使えるようになろう。

また、この【コマンド】キー【アップル】キーと呼ぶMacユーザもいるが、それは昔のキーボードには、Appleを表すリンゴマークがキーに刻印されていたためだ。

【コントロール】キー

「control」と「^」の刻印されているキーが、【コントロール】キーだ。

コントロールキー

Macの【コントロール】キーは、Windowsの【Ctrl】キーとは違い、文字入力の際にカーソルを移動させたりするショートカットとして使用する。

また、【コントロール】キーを押しながらクリックすることで、コンテキストメニューを表示することが可能になる。

【デリート】キー

【リターン】キーの上にある、「四角」の中に「×」が刻印されているキーが、【デリート】キーだ。

デリートキー

Macでは【デリート】キーが、Windowsの【backspace】キーの役割になる。

Windowsには【delete】キー【backspace】キーがあるため、違和感をもつ人もいるだろう。

【デリート】キー【fn】キーを組み合わせれば、Windowsの【delete】キーと同じように、カーソルの右側の文字を消すことができる。

【シフト】キー

上向きの矢印が刻印されているのが、【シフト】キーだ。

シフトキー

【シフト】キーは、Windowsと使い方も位置も同じなので、問題ないだろう。

【オプション】キー

スペースキーの並びに「option」と刻印されているのが、【オプション】キーだ。

オプションキー

【オプション】キー、Windowsキーボードに存在しないキーになる。

この【オプション】キーは、Windowsキーボードの【Alt】キーに相当する。

Windowsと同じ使い方にしたい!

【fn】キーと組み合わせなければ、Windowsキーボードと同じように操作できないキーが、Macにはある。

fnキー

そうなるとWindowsのキーボードに慣れているユーザは、面倒に感じてしまい、ストレスになる。

しかし、そんなストレスを感じずに済むよう、装飾キーの動作は、設定で変更することが可能だ。

設定の変更は、【システム環境設定】内の【キーボード】の項目で行えるので、使いやすいように変更すれば問題ないだろう。

だが、これからMac環境へ移行するのであれば、できるだけMacのキーボードに慣れるためにも、Windowsキーボードの操作に合わせたキーバインドへ変更しない方が良いかもしれない。

キーボードまとめ

WindowsとMacは似ているようで、多くの部分が違う。

Windowsに慣れている人にとって、Macで作業をするのに困りがちなのが、キー操作だろう。

今まで使っていたキーがなかったり、はたまた見たことのないキーがあったりして戸惑いがちだ。

マウス操作で完結できることが多くても、やはり文字入力をするためには、キーボードが必須になる。

特に、作業効率を向上させるためには、キーボード操作によるショートカットキーが欠かせない。

そのため、キーボードの違いというのは、とても重要になる。

error:
タイトルとURLをコピーしました