CubePDFでカンタンにPDFファイルを作成!

作成した文書のレイアウトを環境に依存せず保てるPDFファイルは、ビジネスで文書をやり取りする際に利用されるスタンダードになっている。

また、レイアウトを保てるだけではなく、文書の改編を防ぐことも可能なため、今後さらに推進されるIT化で欠かせないようになってくるだろう。

そんなPDFを作成するのに役立つのが、CubePDFだ。

CubePDFとは?

CubePDFは、仮想プリンタとして動作するPDF作成アプリだ。

CubePDF特徴

プリンタで紙に印刷する手順で、PDFファイルを作成できるのが、大きなポイントだ。

しかも、フォントの埋め込みに対応しているため、特殊フォントを使用した文書でも問題なく表示を保てる。

また、PDF規格のバージョンを指定することも可能だ。

セキュリティ設定

ファイルを開く際にパスワードを要求できたり、印刷やテキスト・画像のコピー、フォーム入力、ページの挿入・削除・回転を個別に制限することも可能だ。

画像へ変換

PDF形式のファイルを作成するだけではなく、JPEGやPNGなどの画像ファイルとして作成することができる。

もちろん、画像へ変換する際には、解像度を指定できる。

CubePDF料金

CubePDFは、無料で使用できるアプリだ。

CubePDFダウンロード

CubePDFは、開発元の(株)キューブ・ソフト公式サイトからダウンロードできる。

PDF 変換・作成ソフト CubePDF
CubePDF は仮想プリンター形式の PDF 変換・作成ソフトです。 プリンターで印刷するのと同じ操作で、印刷可能なあらゆるファイルを PDF, PNG, JPEG 等のファイルに変換することができます。個人・法人を問わず、誰でも無料で利用可能です。

CubePDFまとめ

印刷機能を搭載しているアプリなら、どんなアプリであってもPDFファイルを作成できるのが、CubePDFの大きなポイントだ。

単にファイル生成するだけではなく、パスワード設定などのセキュリティ設定ができるのも便利だろう。

PDFをカンタンな手順で作成したいなら、CubePDFを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました