USBcleanでジャンクファイルを簡単に削除できる!

USBメモリも安価で大容量の製品が増えているため、ファイルの受け渡しには最適なメディアだ。

そのファイルの受け渡しの際に、ナゾのファイルが存在することもある。

いくら安価になったとはいえ、無駄にストレージを占拠されては困ってしまう。

そこで役立つのが、USBcleanだ。

USBcleanとは?

USBcleanは、ジャンクファイル削除アプリだ。

USBclean特徴

USBcleanは、USBストレージ内に含まれるジャンクファイルをカンタンに削除できるのが、大きなポイントだ。

貴重なストレージを占有する、.DS_Store、Thumbs.db、.Spotlight、およびtrashsファイルを素早くカンタンに削除できる。

削除したいファイルの種類を設定しておくことで、その他のファイルもカンタンに削除することも可能だ。

また、USBストレージを安全に取り外せるように、メニューバーからイジェクトさせられるのも便利だろう。

USBclean料金・価格

USBcleanは、610円買い切り型アプリだ。

USBcleanダウンロード

USBcleanは、Mac App Storeからダウンロードできる。

USBclean

なお、USBclean公式サイトでは、USBclean体験版のダウンロードも可能だ。

USBclean by SweetP Productions
remove invisible files from your USB thumb drives

USBcleanまとめ

USBcleanは、ジャンクファイルをカンタンに削除できるのが、大きなポイントだ。

ファイルの種類を設定することで、削除ファイルをカスタマイズできるのも便利だろう。

無駄にストレージを占拠しているファイルを削除したいなら、USBcleanを試してもらいたい。