ターボスキャンプロでデジタル化を進めよう!

財布の中の領収書やカバンに入っている本やメモなど、まだまだ紙の資料が多い。

それら紙の資料をデジタル化するためには、別途スキャナーなどを用意してスキャニングする作業が必要となり、手間がかかってしまう。

手間をかけずに紙の資料をデジタル化したいなら、ターボスキャンプロの出番だ。

ターボスキャンプロとは?

ターボスキャンプロは、スキャナーアプリだ。

ターボスキャンプロ特徴

複数ページの文書をすばやくスキャンし、高品質のPDF形式で保存できるのが、一番のポイントだ。

そして、高度な高速アルゴリズムにより、ページ端を正確に自動検出、ページの傾き補正、影の除去、白黒の文書で求められるコントラストの調節などもできる。

また、カラーモード、およびフォトモードも用意されているのも便利な機能だ。

操作がカンタン

自動的に用紙端を検出してくれるだけではなく、1つの画面で画像の明るさ、回転、カラーコントロールなどの操作をワンタップでできるインターフェイスになっている。

スキャン時のポイント

手早くキレイにスキャンするために、明るい環境で、文書を平らな状態にしておこう。

また、用紙の周辺にスペースを確保することで、用紙端の検出をスムーズに行ってくれる。

ターボスキャンプロ料金

ターボスキャンプロは、730円の買い切りアプリだ。

ターボスキャンプロのダウンロード

ターボスキャンプロは、App Storeからダウンロードできる。

ターボスキャンプロ

ターボスキャンプロまとめ

紙の資料を画像としてデジタル化するだけではなく、PDF形式のファイルとして保存できるのが便利なポイントだ。

だが、残念ながらOCR機能がないため、文字をテキストとして扱うことができない。

しかし、その残念な点を差し引いても、手早く紙の資料をデジタル化できるメリットが大きいだろう。

なお、2020年10月18日の時点で、ターボスキャンプロの割引セールが行われており、割引価格の610円で購入することができる。

error:
タイトルとURLをコピーしました