使い勝手はパソコンとほぼ一緒なタブレット

Windowsタブレットの代表格といえばSurface。
性能的にはタブレットというより、Windowsパソコンのバリエーションの一種だといえる。そのため、タブレットの中でもビジネス利用をメインに考えてる人にオススメだ。

最大の特徴は、パソコンのように使えるノートPCモードと、タッチ操作に特化したタブレットモードを切り替えられること。
仕事で使う時は、タイプカバー(キーボード)を付けてノートPCモードに、家で動画やWebサイトをチェックする時は、タブレットモードにといった使い分けができる。
もうひとつStudioモードが用意されており、Surfaceペン(タッチペン)でイラストなどを描く際に便利だ。

格安タブレットも登場しているが、性能面ではSurfaceが圧倒的に上だ。

パソコンと同じ感覚で使える

Windows10を搭載しているため、インターフェースやWindowsメニューなどからアプリを起動する操作は、パソコン版とまったく同じ。

普段からWindowsを使用している人なら、なんの違和感もなく使えるはずだ。

Officeの使い勝手も同じ

他のタブレットと比べ、Officeアプリの起動が速く、文章入力はもちろん、表の挿入やページレイアウト、グラフや図形、Excelの挿入など普段使っているOfficeとまったく変わらず操作出来る。

使い方によってモードを変更

Surfaceには、アプリなどがパネル表示になり、タップ操作に最適な画面になるタブレットモードと、通常のWindowsパソコンと同じ表示になるノートPCモードがある。

ペンを使う場合はスタンドをほぼフラットな状態まで倒してStudioモードでメモやイラストを作成出来る。

error:
タイトルとURLをコピーしました