noteCafe Styloならリッチテキスト(RTFD)で編集できる!

文書を作成する際に利用するのが、ワープロアプリだ。

しかし、ワープロアプリは機能が豊富で、ちょっとした文書を作成するには大げさに感じてしまう。

そんな時に役立つのが、noteCafe Styloだ。

noteCafe Styloとは?

noteCafe Styloは、テキストエディタだ。

noteCafe Stylo特徴

noteCafe Styloは、リッチテキスト(RTFD)で編集できるのが、大きなポイントだ。

フォントの種類、サイズ、色、スタイルを選んだり、見出しを設定できるだけではなく、画像や表、リスト、イメージキャンパスなどを挿入できるため、簡易ワープロとして利用できるだろう。

検索機能や絞込み機能、ページ一覧を使えば、素早く目的のページを見つけられる。

もちろん、iCloudにも対応だ。

noteCafe Stylo料金・価格

noteCafe Styloは、無料で使用できるアプリだ。

noteCafe Styloダウンロード

noteCafe Styloは、Mac App Storeからダウンロードできる。

noteCafe Stylo

noteCafe Styloまとめ

noteCafe Styloは、リッチテキストに対応しているのが、大きなポイントだ。

フォントの設定や画像、表などを挿入できるため、簡易ワープロとして利用できる。

リッチテキストで編集するなら、noteCafe Styloを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました