MacPilotで隠された機能を使えば更にカスタマイズできる!

パソコンを使いやすくするために、細かい設定をしている人も多いだろう。

しかし、設定できる項目が限られているため、使いやすくするために一歩足りないと感じることもある。

実は、システムやアプリでは、隠された機能が搭載されていることもあり、その隠された機能を解放すれば、使いやすくカスタマイズすることができる。

そんな時に役立つのが、MacPilotだ。

MacPilotとは?

MacPilotは、システムや主要アプリの隠し機能を利用するアプリだ。

MacPilot特徴

システムや主要アプリが備える、1,200種類以上の隠し機能を使って、操作性を自分好みにカスタマイズできるのが、大きなポイントだ。

Finder、Dock、Safari、Mail、ネットワークなど多くの設定項目が用意されている。

また、システムやアップル製アプリだけでなく、主なサードパーティ製のアプリの隠し機能も引き出すことも可能だ。

MacPilot料金・価格

MacPilotの料金体系は、2種類ある。

Mac App Store版は1,840円の買い切りアプリだが、メーカーのWebサイトで提供されているMacPilotは、月額1.33ドルのサブスクリプション・サービスとなる。

なお、Mac App Store版よりも、サブスク提供されているMacPilotの方がバージョンも新しく、使用できる機能も多い。

MacPilotダウンロード

MacPilotは、開発元のKOINGO Softwareからダウンロードできる。

Koingo Software, Inc. | MacPilot 12: Unlock 1200 features in Mac OS X
Unlock over 1200 features in Mac OS X and optimize your system!

もちろん、Mac App Storeからもダウンロード可能だ。

MacPilot

MacPilotまとめ

通常では使用できない、システムやアプリの隠し機能を引き出せるのが、大きなポイントだ。

MacOSのシステムや標準アプリだけではなく、主なサードパーティ製アプリの隠し機能も引き出せるのも便利だろう。

ただ、常に最新機能を使用するためには、Mac App Store版の買い切りアプリではなく、メーカーのWebサイトで提供されているサブスク契約が必要になる。

MacOSのすべての機能を使用して、使いやすくカスタマイズしたいなら、MacPilotを試しても良いだろう。

error:
タイトルとURLをコピーしました