キーボードの各種キーを知っておこう!

キーボードには、大きく分けて日本語キーボード英語キーボードがある。

多くの方は日本語キーボードを使用しているため、書籍などでは日本語キーボードで解説が行われているだろう。
デジタル教室でも、解説にあたっては日本語キーボードを基準にする。

もちろん、英語キーボードを使用していても特に問題はないが、英語キーボードには日本語キーボードにある【かな】や【英数】といったキーがない
また、記号の位置が違ったりするため、注意が必要だ。

日本語キーボード

日本語キーボード

英語キーボード

英語キーボード

日本語キーボードでも英語キーボードでも共通して言えるのは、キーボードには沢山の種類のキーがあり、それぞれ決まった役割をもっているということだ。
Macを操作する上では必要なキーが多いので、それぞれのキーの位置や呼び方、役割などを覚えておくようにしよう。

スペースキー

キーボードの一番下に、何も刻印されていない横長のキーがある。
このキーを【スペース】キーという。

スペースキー

スペースキーは、空白を入力するキーだったり、漢字変換を行うキーになる。

そして、スペースキーの右側にある【かな】キーは、「ひらがな」へ変換するキーになり、スペースキーの左側にある【英数】キーは、「アルファベット」へ変換するキーとなる。

リターンキー

スペースキーの次に大きなキーは、矢印が刻印されている、もしくは「return」と刻印されているキーだ。
これが【リターン】キーになる。

リターンキー

文字入力をしている場合は、文字の確定を行うが、何も入力していない場合は「改行」になる。

また、デスクトップでアイコンが選択されている時に、このリターンキーを押すとファイル名を変更できるようになる。

デリートキー

エンターキーの上には、×マークが描かれた記号のキーがある。
もし、×マークが描かれた記号ではなく、「delete」とキーに刻印がされていたとしても、同じキーなので安心してもらいたい。
これが【デリート】キーだ。

デリートキー

デリートキーは、文字入力の場所を示す【カーソル】の左側にある文字を削除するキーになる。

カーソルキー

キーボードには、三角記号が上下左右向きに刻印されている、4つの矢印キーがある。
これらを【カーソル】キーと呼ぶ。

カーソルキー

その名の通り【カーソル】を移動させるキーとなる。

エスケープキー

キーボードの一番左上に、「esc」と刻印されたキーがある。
これが【エスケープ】キーだ。

エスケープキー

このエスケープキーは、文字入力以外の時に押すと取り消し操作になるが、文字入力を行っている場合には、日本語入力中の文字列全体を削除するキーになる。

ファンクションキー

エスケープキーの右から、12個のキーが並んでいるが、この12個のキーを【ファンクション】キーと呼ぶ。

ファンクションキー

このファンクションキーには、特定の機能が割り当てられているため、キーを押すだけで機能を呼び出すことが可能だ。

なお、初期設定では、MacOSの機能が割り当てられている。

タブキー

右矢印と縦線が刻印されているキーが、エスケープキーの下の方にある。
これが、【タブ】キーになる。

タブキー

タブキーは、「タブ」と呼ばれる文字を入力したり、カーソルを移動させるためのキーだ。

コマンドキー

スペースキーの並びに、「command」と刻印されているキーがある。
これが、【コマンド】キーだ。

コマンドキー

コマンドキーは、特定機能を実行する際に組み合わせるキーとなる。
そのためコマンドキーは、左右どちらの手でも操作できるように、スペースキーの並びの左右に配置されている。

シフトキー

コマンドキーと同様に、2つ配置されているキーがある。
それが、上向きの矢印が刻印されているキーだ。
これを【シフト】キーという。

シフトキー

シフトキーもコマンドキーと同様に、他のキーと組み合わせて使用するキーになる。

オプションキー

コマンドキーの隣には、「option」と刻印されたキーがある。
これは、【オプション】キーと呼ばれる。

オプションキー

オプションキーは、コマンドキーとは違って、動作を切り替える際に、他のキーと組み合わせて使用する。

コントロールキー

「control」と刻印されたキーが、キーボードの左シフトキーの近くにある。
これが、【コントロール】キーだ。

コントロールキー

コントロールキーもコマンドキーやシフトキーと同様に、他のキーと組み合わせて使用するキーになる。

キャップスロックキー

そして、キーボードのキーの中で唯一ランプの点くキーがある。
それが【キャップスロック】キーだ。

キャップスロックキー

キャップスロックキーは、入力するアルファベットの種類を変更するキーとなり、ランプが点いている状態では、アルファベットの大文字を入力する状態になる。

エフエヌキー

また、「fn」と刻印されているキーもある。
これを【エフエヌ】キーと呼ぶ。

fnキー

fnキーは、特定のキー、主にファンクションキーの動作を切り替えるキーになる。

また、fnキーを搭載していないキーボードの場合は、コントロールキーでも代用できる。

メディア取り出しキー

そして、ファンクションキーの並びに、三角に下線が引かれた記号の刻印がされているキーもある。
これは、【メディア取り出し】キーと呼ばれる。

メディア取り出しキー

メディア取りだしキーは、その名前の通り、接続されているメディアを取り出すキーになる。

テンキー

デスクトップ機などでは、フルサイズのキーボードを使用している人もいるだろう。
そんなフルサイズのキーボードの右端には、数字が電卓のように並んでいる部分がある。
この部分を【テン】キーと呼び、事務処理で数字を入力する機会が多い場合に多用されるキーになる。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました