デザイナー待望のIllustrator Draw

ベクターデータを扱える定番のアプリで一番最初に挙げられるのは、Adobe Illustratorだろう。
デザインやイラストにおいて、ベクターデータは必須だ。

Affinity Designerなどベクターデータを扱える優秀なアプリは多くあるが、やはり定番と呼ばれるアプリを使いたいと思ってしまう。
しかし、Adobe IllustratorをiPhoneやiPad、Androidで動かせるアプリが存在しなかった。

そして、いよいよ満を持して2019年に登場したのが、Adobe Illustrator Drawだ。

Adobe Illustrator Drawとは?

Adobe Illustrator Drawは、ベクターデータを扱えるアプリで、iPhone版、iPad版、Android版が提供されている。

幅広い端末でベクターデータを取り扱えるようになっているのは、大きなポイントだ。
そして当然ながらパソコン版Adobe Illustratorとの連携も可能だ。

Adobe Illustrator Drawで出来ること

スケッチするペン先は5種類で、それぞれ不透明度やサイズ、カラーの調整が可能だ。

画像レイヤーと描画レイヤーを操作できるのは、デザインやイラスト制作に欠かせない機能だ。
もちろん各レイヤーを個別に名前変更、複製、結合、調整だってできる。

パソコン版との連携

編集可能なネイティブファイルをパソコン版のIllustratorで開いたり編集したりすることも可能だ。
PSDファイルならPhotoshopに送信することだってできる。

ラフスケッチをiPadやAndroidタブレットで行い、仕上げはパソコンで行うといった使い方ができるだろう。

Adobe Illustrator Draw注意点

Adobe Illustrator Drawも他のAdobeアプリと同様に、「Adobe ID」が必要だ。
Adobe IDは無料で登録できるので、Adobe Illustrator Drawは無料で使用できるアプリということになる。

Adobe Illustrator Drawのダウンロード

Android版Adobe Illustrator Drawは、Google Playからダウンロードすることができる。

Adobe Illustrator Draw

iPhone/iPad版Adobe Illustrator Drawは、App Storeからダウンロードすることが可能だ。

Adobe Illustrator Draw

Adobe Illustrator Drawまとめ

多くのデザイナーやイラストレーターが待ち望んでいたアプリが、Adobe Illustrator Drawだ。
まだまだ荒削りな部分も多いが、無料アプリでベクターデータを取り扱えるようになるのは大きなポイントだろう。

そして何といっても、パソコン版Adobe Illustratorとスムーズに連携できるので、作業効率がずいぶんと向上する。

まだAdobe Illustratorを使用したことのないユーザなら、まずはAdobe Illustrator Drawで操作性に慣れるのに、うってつけと言えるだろう。

error:
タイトルとURLをコピーしました