【パソコン・デジタル用語】RASIS (ラシス)

RASIS (ラシス) とは?

RASIS (ラシス) は、コンピュータのハードウェア、ソフトウェアの両面におけるシステム全体信頼性に対する総合的な指標のこと。

信頼性、可用性、保守性、保全性、機密性の5項目で構成される。

これらの項目、ReliabilityAvailabilityServiceabilityIntegritySecurityそれぞれの英頭文字を取ってRASISと呼ぶ。

信頼性 (Reliability)

コンピュータシステムが故障をせずに、目的通りの機能を実行することができる度合い。

信頼性の指標として、平均故障間隔 (MTBF) が用いられる。

MTBFが長いほど、信頼性は高い

可用性 (Availability)

コンピュータシステムに対する処理を必要とした時に、システムを使用できる確率のこと。

可用性の指標として、稼働率が用いられる。

稼働率が高いほど、可用性は高い

保守性 (Serviceability)

システムが故障した際の復旧が、どの程度容易なのかを示す度合い。

この指標として、平均修理時間 (MTTR) が用いられる。

MTTRが短いほど、保守性は高くなる

保全性 (Integrity)

誤動作や故意のデータ破壊やシステム拡張要求についての対策や工夫の度合い。

保全性は、数値で表せない

プログラム実行過程の所々にチェックポイントを置き、チェックポイント間の実行結果を記憶することで、故障によるデータ破壊の場合に前のチェックポイントから再実行できるようにすることをチェックポイントリスタートといい、保全性を高めるうえでは重要な機能だ。

また、定期的に処理結果や重要なデータなどを磁気テープなどに保存することをバックアップといい、これを自動的に行うものもある。

機密性 (Security)

コンピュータシステム内におけるプログラムやデータの破壊や消失など、システムを利用する上での安全対策に対する度合い。

特に、重要なデータの機密保持のために、乱数などを利用して利用者本人だけにしかわからないパスワード(暗証番号)を設けたり、データを暗号化して関係者以外の利用を妨げるなどの工夫をする必要がある。

error:
タイトルとURLをコピーしました