【パソコン・デジタル用語】オペレーティングシステム (OS : Operating System)

オペレーティングシステム(OS : Operating System)とは?

オペレーティングシステム(OS : Operating System) は、コンピュータの各種資源を管理し、これらの効率的使用を実現するためのソフトウェアのこと。

各種資源とは、CPU、メモリ、補助記憶装置、入出力装置、通信装置などのことになる。

OSの目的としては、以下の5つが挙げられる。

  • ハードウェア資源の有効活用
  • バッチ、オンライン、リアルタイム処理など各種処理形態への対応
  • RASIS (ラシス) の向上
  • 応用ソフトウェアの負荷軽減
  • コンピュータ操作と運用の支援

そして、OSには、狭義のOS広義のOSという、2通りの見方があり、狭義のOSは、キーボード入力やディスプレイ表示、ディスクへの読み書きやメモリの管理などコンピュータが動作するため最低限必要な機能から、多重プログラム・タスク管理や通信制御などコンピュータの処理能力を高め、応答時間を短くし、汎用性や適用性・拡張性を高め、共有化や安全対策を実現するためのプログラムまでをいう。

広義のOSには、プログラム開発環境と実行時に利用されるューティリティも含まれる。

プログラムを作成するエディタやコンパイラやリンケージエディタ、ディスクの初期化や複写、記憶媒体の変換、メモリやディスクのダンプなどだ。

最近のコンピュータはオープン化が重要なファクタになっている。

独自OSよりも、オープンシステムとしてのOSが重視されるようになった。

異なるメーカのコンピュータでも共通のOSであれば、データやアプリケーションを簡単に移植できる。

代表的なオープンOSとしては、UNIXLinuxAndroidなどが挙げられる。

error:
タイトルとURLをコピーしました