CubeICEでファイルを圧縮・解凍しよう!

文書ファイルや画像ファイルなど複数のファイルを1つのファイルにして、USBメモリやインターネットでデータをやり取りすることが多い。

その際に使用されるのが、圧縮ファイルと呼ばれる種類のデータになる。

圧縮ファイルは、そのままの状態で使用することができないため、解凍という操作を行なう必要がある。

そこで役立つのが、CubeICEだ。

CubeICEとは?

CubeICEは、圧縮・解凍アプリだ。

CubeICE特徴

圧縮ファイルの文字コードを自動判別・自動変換するため、Macなど他のOSで作成された圧縮ファイルを解凍する時に起こりがちな「文字化け」のトラブルを減少できるのが、大きなポイントだろう。

ファイルの圧縮・解凍もカンタンに行えるため、操作に慣れていなくとも問題ない。

また、オープンソースソフトウェアとして開発されているので、GitHubからソースコードを取得することも可能だ。

対応ファイル

代表的なZip形式だけではなく、7-zip (7z)、rar、tar、gzip、bzip2、xzなど多くのフォーマットに対応している。

CubeICE料金

CubeICEは、無料で使用できるアプリだ。

CubeICEダウンロード

CubeICEは、開発元のCubeSoft公式サイトからダウンロードできる。

圧縮・解凍ソフト CubeICE
CubeICE は文字化けに強い高性能な「圧縮・解凍(展開)フリーソフト」です。Mac など Windows 以外で作成された Zip 等の圧縮ファイルを解凍する時に起こりがちな「文字化け」のトラブルを減少させます。個人・法人を問わず、誰でも無料で利用可能です。

CubeICEまとめ

多くの圧縮形式に対応しており、OS依存による文字化けトラブルを減少してくれるのが、CubeICEの大きなポイントだろう。

また、圧縮や解凍の操作もカンタンなのも便利だ。

ファイルの圧縮・解凍を行なうなら、CubeICEを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました