Camera Mで撮影状況に合わせた設定をしよう!

iPhoneやiPadに搭載されているカメラの性能が高いため、カンタンに美しい写真を撮影することができる。

しかし、デジタルカメラと比較すると撮影状況に応じた設定ができず、思ったような仕上がりにならないと感じる人も多いだろう。

そんな時に役立つのが、Camera Mだ。

Camera Mとは?

Camera Mは、カメラアプリだ。

Camera M特徴

美しい写真を撮れるように、精密なマニュアルカメラコントロールできるのが、大きなポイントだ。

絞り値 f/1.0 シミュレーションが可能な深度写真モードや広角レンズと望遠レンズによる同時撮影ができるデュアル写真モード、正確なホワイトバランスポイントを設定するためのグレーカードモードなどを搭載しているので、標準カメラアプリでは難しかった撮影を容易に行える。

もちろん、ISOと露出時間を手動調整したり、手動ホワイトバランス温度と色合いを制御することもできるので、撮影環境に応じた設定が可能だ。

また、AIを使用した、フォーカストラッキングを行なってくれるのも便利だろう。

ウィジェット対応

Camera Mのウィジェットでは、太陽のイベント時間と太陽の位置が分かるゴールデンアワーや最後の画像の要約されたEXIFメタデータを表示することができる。

APPLE WATCH対応

Apple Watchを使って、シャッターボタンを制御できる。

また、日の出や日の入り、太陽位置インジケーター付きのゴールデンアワーも表示可能だ。

Camera M料金・価格

Camera Mは、490円の買い切りアプリだ。

Camera Mダウンロード

Camera Mは、App Storeからダウンロードできる。

Camera M

Camera Mまとめ

撮影状況に応じて、細かいマニュアル設定できるのが、大きなポイントだ。

シャッター制御できるApple Watch、ウィジェットでEXIF情報を表示できるのも便利だろう。

標準のカメラアプリでは満足できなくなったら、Camera Mを試してもらいたい。

error:
タイトルとURLをコピーしました